HOME 無料一括見積り お問い合わせ お気に入り
企業向けPL保険研究所 法人ファイナンシャルプランナーが解決します 0120-159-632 info@11bic.com
経営者保険 企業向け火災保険 福利厚生保険 PL保険 資料請求はこちら
海上保険 個人情報漏洩保険

PL保険は本当に必要か?
PL事故無料相談会! 登場人物 田中さん(42歳)行列のできる飲食店オーナー 土井さん(33歳)企業専任ファイナンシャルプランナー
田中 「こんにちは。今日はPL保険について相談があります。」

土井 「どんなご相談でしょうか?」

田中 「お店をOPENして半年。軌道に乗ってきたので、そろそろPL保険に入ろうかどうか考えているのですがずばり必要なのでしょうか?」

土井 「えっ。入ってなかったんですか?それでは、PL事故について考えて見ましょう。 万がいちPL事故が起きた時の事を想定してください。田中さんの場合ならそうですねえ、O−157の食中毒が起きたと仮定しましょう。まず何をしますか?」

田中 「・・・・。被害者へのお見舞いでしょうか?」

土井 「今悩まれましたよね。その時点で問題です。事故が起きてから何をするか考えていては遅いですから。PL事故が起きると次の事を解決していかなくてはいけません。どのくらい手配できてますか?」
  まず何をするか決まっていますか?
  まず誰に相談するか決まっていますか?
  賠償資金は現預金でいくらご用意されていますか?
  弁護士費用はいくらかかるかご存知ですか?
  PL事故に強い顧問弁護士をご存知ですか?
  事故対応に専念する時間はありますか?
田中 「・・・・。全滅ですね。」

土井 「ですよね。中小企業では普通自前で手配する事は難しいです。」

田中 「じゃあ、もしPL事故が起きたらどうすればいいのでしょうか?」

土井 「だから、PL保険があるんですよ。PL保険に入っておくと、まず賠償資金や弁護士費用が担保されます。(もちろん法令違反など免責に該当する事故は無理ですが)さらに、一番大事な初動をサポートしてくれる保険会社がいいですね。PL事故が起きると事故の規模や形態にもよりますが、

「被害者への対応」
「マスコミ対応」
「行政への対応(衛生所、市区町村、警察など)」

色々とやるべき事がでてきます。しかも迅速にしないと被害が拡大していきます。。この辺のノウハウを持っている会社がいいですね。
基本的に保険会社は自動車保険と違いPL保険では示談交渉はしないんですよ。
田中 「へー。なるほどねえ。」

土井 「まだ重要な事がありますよ。1995年PL法が施工され、PL事故は消費者に格段に有利になりました。さらに、民事訴訟法の改正により、消費者は訴訟を起こし易くなったんです。(詳しくはQ&Aをご覧下さい。)
そして、インターネットの普及です。最近では集団訴訟をインターネットで呼びかけて訴訟が大型化するリスクが高くなっています。
つまり、PL事故は会社を倒産に追い込みます。

田中 「どうやらPL保険は加入した方がよさそうですね。」

土井 「そうですね。やはり中小企業にとってPL保険は必須だと思いますよ。
PL保険に加入していると

  本業に専念できます。
  精神的に安心。

これが最大のメリットだと思いますね。
見積もり作成は無料です
お見積もりのご依頼はこちらから
ご加入済みの方も無料診断致します
PL保険は本当に必要か?
FPお勧めPL保険はこれだ!
保険料大幅割引PL保険!
海外PL保険は必須!
PL保険Q&A
PL保険事故例
 PL保険研究所TOPに戻る
HOME 勧誘方針 プライバシーポリシー 会社案内
個人向け火災保険 個人向け医療保険
copyright 保険研究所 All Rights Reserved.